第6期(2019年10月-2020年3月)

第3回:2019年12月15日

ゲスト講座:聴く力〜被写体との関係性作り〜

田中龍士さん
毎日新聞「特別報道部」取材班キャップ
早稲田大学政治経済学部を卒業後、2002年に毎日新聞社入社。初任地の滋賀県・大津支局で事件取材に明け暮れる。大阪本社社会部では大阪地検特捜部を担当したほか、毎日新聞が1979年に始めた「世界子ども救援キャンペーン」の取材でアフリカ・コンゴ民主共和国に長期滞在。レアメタル争奪の陰で引き起こされる紛争の悲劇をルポしたのを契機に国際報道に軸足を移す。イランの首都テヘランで4年間特派員を務め、中東情勢や周辺国のテロ現場などを取材。イランの精鋭部隊によってアフガニスタン難民が秘密裏に紛争地に連れ出される現場を世界で初めて特定し、報じた。2011年に設立された調査報道の専門部署「特別報道グループ」の初代メンバーとして、認知症の身元不明者らを巡るキャンペーン「老いてさまよう」(新聞協会賞受賞)などを担当。現在、今年5月に拡大新設された「特別報道部」で取材班キャップを務める。

ワークショップ:インタビューの基礎

  • 「インタビュー撮影の心得/言葉の因数分解」レクチャー
  • 最後の動画制作「私の伝えたい現場 –1人の視点から見る-」に向けてのストーリーピッチ
    (課題:撮影する現場についてのリサーチ・ストーリーピッチの準備)

レポート

Page Top